<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

18才

なんとなく大人の響き(^^)
18才になりました!

実感わかないな〜
[PR]
by kokoroyasashikune | 2011-10-26 19:58

普通の感覚

実習が終わりました。

長年「○と×」にとらわれてきました。

授業の実習ノートも現場実習の連絡ノートも
「○と×と△」を埋めなくてはならず

本当にこれ(○×△)が必要なんだろうか、と思いつつ
本人にも一番の闘いだったはず

実習先の店長さんから
「実習中手を焼いたのは一度だけ連絡ノートに△をつけようとした時でした」 とのこと。

仕事中の注意は聞き入れ、作業も改善したので問題ないのですが
この連絡ノートでは伝えようがありません、
他に伝えるツールがあれば、お伝えできます。と


そうなんです。
本人は仕事中に改善したのです

何時間も後に書く連絡ノートに残る「×」にどんな意味があるというのでしょうか

店長さんが伝えたかったのは
「こういうことがありました」という事実であって
「○か×か」ではなかったと思います。


本人が一番気にする「○と×」を書かなくてすむ連絡方法を用意する。
「×を書かれても受け入れる」を目指してきた指導と逆の意見です。

すごく当たり前の感覚で、私は嬉しくなりました。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2011-10-17 23:10

実習終了

3週間の現場実習が終わりました。

職場の皆さんにとても良くしていただき

本人も無理なくできたようです。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2011-10-17 11:16

失いたくないもの

朝出がけに、あることをきっかけに
久々にいわゆる「パニック」を起こしました

本人、自分の声の大きさに驚いたくらいで^^;

イライラ&どうにも収まらない気持ちになることは
これからもあるかもしれないです

気持ちもわかるし、どうしようもない気持ちも分かりますが

その時どう表したら良いのか
騒いだり、暴れたらどうなるのか

成長してきた今、
失うものがあることを知ってもらうしかないのかなとも

私達だって「何か」があるから
頑張れるし踏ん張れるし、イヤなこともなんとかガマンしていく

彼らも「何か」がなければ、踏ん張れないだろうな


ただでさえ生きにくいのに

小さい頃から
「この人がこれほど言うのだから」と思ってもらえるよう
「この人を失いたくない」と思ってもらえるようにと
願ってきましたが

どうなんだろうなぁ
[PR]
by kokoroyasashikune | 2011-10-11 17:58

ごほうび

c0139884_20123914.jpg


3連休
土曜日は一人で山歩き、今日は友達親子4組でミニハイキング

植林の山道も多いのですが、ステキな広葉樹林の森も時々現れてくれます。
木々や葉の間から陽射しがこぼれて
「きっとごほうびだぁ」と思える一瞬が味わえました。


仲間との「私的」なお出かけも初でした♪
会で企画した「イベント」お出かけではなくて
「ハイキング行きたい人行きましょ~」という仲間うちの呼びかけで集まった4組。

こんな1日がなんだかとても嬉しいです
[PR]
by kokoroyasashikune | 2011-10-10 20:12

実証できたかなということ

「集団は急ぎすぎなくて良い」


幼稚園は4ヶ月でやめ
一年半どこにも通わず
半年の母子通園
半年の保育所(単独通園は1ヶ月)

小学校1年生では1人クラスの特学

「集団の力」という言葉の魔力とプレッシャーをかわしつつ。


今、まだ実習ではありますが
社会の中で、日常の風景の中で、
職場のみなさんに囲まれて働いています。

小さな集団ではありますが、その一員として過ごしています。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2011-10-07 20:37