<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

卒業

c0139884_20312696.jpg

長男
無事(?)本日卒業!


あっという間に過ぎた3年でした〜
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-03-16 20:31

中身を確かめて^^;

福祉のサービスを利用している「利用者の皆さん」

利用する側は、結構まだまだ甘くみられています(たぶん)


地域の相談支援員が
とある方に複数の事業所を利用して
サービスを受けさせようと調整

しかしその中の一事業所が
「なんで複数の中にうちが入っているんだ」
「うちは他と違うから、一緒にしてほしくない」

えーと。
違うのは当たり前です。
サービス提供側は自分たちの特色を説明するのがまず最初では?
利用する側は、各事業所の違いを理解したうえで契約するわけですから。


利用する側も
「事業所によって特徴や理念が違う」ってことを
前提に福祉サービス(事業所)を選ばなくてはならないのです。
ごくごく普通のことなのに
「利用者」へのそのあたりの説明がどうも足りないです。

相談員の方、このあたりの調整をがんばってほしいです。
単にサービス量の配分ではなくて。


サービスって私たちもお金払っているのですから
(1割負担しているってことは、9割分だって支払われているのです。
事業所はちゃんと10割受け取ってるのです)

何にどうお金を払っているのか
どういう中身か、きちんと確かめましょう~

サービスはあって当たり前、どこも同じなんて思っていると
内容は向上しないかと思いました・・・
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-03-11 23:39 | 日記

目指してみる!

・仕事
・生活(住まい・食)
・余暇

全部を丸抱えしない!
仕事は仕事
生活は生活
余暇は余暇

ちゃんと、社会の中の資源をいろいろ利用できるように
目指してみる!
私一人が丸抱えしない
そのための社会資源作りに協力する
(いろんな人がいろんなものを立ち上げてほしい!)

仕事
いろんな職場
いろいろな働き方

遊びのサークル
イラスト教室
パソコン教室
マラソンクラブ
サッカークラブ



いろいろいろいろ
いろんな人が得意なことで小さな活動の場をつくってくれたら
そこに参加していけばいいんだもの

普通の暮らしってそういうものだよね


その分。。。
生活はちゃんと私が責任もってどうにかしようと
なんとか形整えようと
そうも思ったりします
だって生活だもの
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-03-11 08:07 | 日記

マラソン大会

日付が前後しますが・・・

7日(日)には、小さなマラソン大会がありました。
あいにくの雨の中・・・

数日前から、週間天気予報をみては
「日曜日、雨かな~。風邪引くかぁ」と
正直なんだから^^; 雨の中、無理を押してまで走りたくなのね。はい。

でもね、普通の中高校生なら
部活動だって雨の中、ずぶぬれになりながらも走ってるもんね。

お兄ちゃんたちなんて泥だらけの大雨の中でだって
体育祭やっちゃったもんね。

比較しても仕方がないけれど
せっかくだもの、体も大きくなったし、風邪も引かないだろうから
「雨天決行」で参加してもらいました。

小雨&寒さの中でしたが無事5キロを完走。
最後は自分から「ラストスパート!」と言って
スピードアップしたそうです。

お疲れ様でした。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-03-10 22:11 | 次男のこと

子育て支援者研修

地域の子育て広場のスタッフ研修へ♪

ママたちのたち上げたNPOが開催する常設の子育て広場です!

立ち上げ前から「子育て」という部分でいろいろと
かかわらせていただいたこともあり
今日は「障がいのある子と保護者への対応」ということで
研修に呼んでいただきました。

以前、ダウン症のお子さんとお母さんが来た時
スタッフとしてどう対応していいのか
上手くわからず「せっかく来てくれたのに・・・」という
残念な気持ちを抱えていたそうです。

障がいの知識ではなく
広場に来る親子への対応について
みんな何を求めてやってくるのか

親の気持ちと子どもにとっての広場の意味など
短い時間ではありましたが
伝えさせてもらいました!

広場への「移動おもちゃ図書館」も実現しそうです!
相談機関ではなくても、子育て広場で心配を話せる・・・
こういう場が大事ですね♪
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-03-10 17:24 | 地域活動のこと

ささやかに♪

c0139884_13262695.jpg

市民活動支援金
いただきました〜!


ささやかながら、一人お祝いのちらし寿司ランチ!
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-03-08 13:26

30周年

c0139884_1723632.jpg

本日公開

映画ドラえもん


それにしても
毎回毎回、エンドロールになるやいなや
忙しなく席を立つのはパパさんが多い

いや、一緒に見てくれただけで偉いのか…
一刻も早くお役ごめんの気持ちもわかりますが

「はいっ、終わり終わり!」ってな感じで。


なんとなく
「映画の世界」から
現実に戻るのに必要な数分だとも思えるのですが^^;


最後の最後に
また来年!とスクリーンにでて
ホッと一息ついて
またみんな外の時間に帰って行くのかな
な〜んて

すぐ戻れる人もいるってことでしょうかね 
はい
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-03-06 17:23

思わず買いました!

c0139884_2383379.jpg

先日の成年後見セミナー以降

私は何を彼に残せるのか?がいつも気になります^^;


先のことを考えすぎない。
今の積み重ねが「いつか」という将来につながる。

こうした気持ちでやってきたので、あまり将来将来といまさら言うのも…?

なので!

やはり日々の暮らしでできることを
一つずつ「身につける」手だてをすればいいのかな〜
とも思っていました。

そんな中

思わず今日立ち寄った本屋さんで買いました!

~いつか年をとったとき、あなたを助ける50の知恵~

いいじゃぁないですかっ♪
これは私にも必要だし。

誰にでも必見な「知恵」満載です〜

そう、彼らに必要なことって
実は誰にでも必要なことなのかもしれません。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-03-05 23:08

土曜日からここまで

なかなか濃い日々です^^;

27日(土) 成年後見セミナー 仕事で主催
今回は弁護士の先生 面白かったです
いや、もちろん話の中身は深刻なんですが・・・

「親が死んだら、生き生きする障害者多いんですよ。親の束縛から解放されて」

あ~、そうかもそうかも。確かにそうかも。
思い当たる節、おおいにありです(笑)

「20歳過ぎたら、親に親権ないですからね。
いろんな契約も親がしていませんか。
預金も親が勝手に引き出せませんよ。
皆さん親自身、かなりぎりぎりの立場ですよ」

そう。親自身がまず子どもを一人の人として尊重しないと。
自戒を含めて。


28日(日) 高校卒業謝恩会打ち合わせ&夜は職場のパート仲間と飲み会

1日(月) 教育委員会と話す 来年度の教員研修に要望を出していた件で♪
一歩進みそうです~

2日(火) 地域活動で、10人ほどの意見交換会

そして長男の大学受験発表の最終日
・・・まぁ、また来年もがんばってもらいましょう!!(^^)


しかし明日以降もまだまだいろいろと続く・・・・かな!?
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-03-02 23:57 | 日記

幼児・学齢期の「当事者」として

仕事を辞めるにはいろいろ理由はあるのですが
ひとつは「施設職員」(正しくはパートだけれど)という立場から
離れて活動したい部分も大きいです


とにかく「成人施設」の充実(?)した地域で
それはもちろん先人の方々の努力もあるのですが
「幼児・学齢期」が全く全く落ちているのです

中心になる団体もなければ
そういう人もなく

市の児童ディ
母子通園も通園施設も
堂々と「心身障害者福祉センター」内にあるわけです。
いや~、自分が通うと思ったら
ものすごく毎日どんよりするだろうなぁ。

来年度新たにできる児童ディ2か所も
「成人施設」がたち上げます。
もちろん「通える場所があるだけありがたい」という
状況なので、立ち上げてくださるのはありがたいのですが・・・
複雑な心境になる人も多いだろうなぁとも

(ひとつだけかろうじて老人介護系事業所が児童ディを持っています)

療育相談事業なんて人口50万人の都市なのに
常勤相談員「1名」です
いや、その分いろいろなあまり機能していない
相談窓口が担当部署別ごといろいろあったりして^^;

そういうこともちゃんと「当事者」の声を届けたい!
この地域の幼児・学齢期の支援の在り方に
しっかり意見できる「市民活動」として
保護者の有志で学び、育っていかないといけません。
「当事者」という立場からきちんと発言できるように!

そんなこともあり、
親である=幼児・学齢期の当事者という立場をより明確にすることも
自分の中でとっても大事でした。

いろいろ活動も動きだします~
がんばるぞっ!
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-03-01 16:44 | 地域活動のこと