<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

相手の立場に

仕事を3月いっぱいで辞めることにしました

お世話になった保護者の皆さんなどに
お会いする度にお礼のご挨拶をするようにしています

残念がってくださる方もいてくれてありがたいです

施設なので、保護者の役割もいろいろあって
職員として保護者と接する機会も多かったわけです

「私たちにしっかり向き合ってくれて助かったのよ」
と言っていただけました
「なかなか、そういう人はいないのよ~」と

なるほど。
「親は施設の仕事を助けるもの」
「やって当たり前」っていうのが
どうしても当たり前になっているのかもしれないです

みんな決して手伝うのがいやなわけじゃなくて
もちろん協力できることは一生けん命やってくださいます
でもね
そこに「お母さんたち、ありがとうございます」とか
(もちろん口に出して言ってねという意味じゃなく)
「お母さんたちにもわかりやすく伝えよう」っていう
配慮までは届かないこともあるんでしょうね


相手の立場を思いやる
ちょっとした気配りひとつ感じられたら
親だってがんばれるものです

私がここの保護者だったら
こう声をかけてほしい
こうしてほしい
そう思いながらいたことが
保護者の方からは感謝していただけたのかもしれません

いや
もちろん職員がいやになるような
勝手な親もいるからなんでしょうけれど
そんなの、どこに行ってもいるわけで


「福祉」という場がどういうところか
いろいろ勉強になった3年ちょっとです


自分と子の暮らしと生き方を考えた時
「福祉」という枠はちょっと違うのかも・・・と感じました

それはもちろん
単に一般就労という意味ではなくて


これから先
この経験を大切にして
次なる自分たち(いや、単に私だけなのかも)の生き方を
しっかり考えたいと思います!
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-02-26 23:30 | 日記

久々に聞いた言葉

地域の活動で支援手帳の試作品を作成しました

子どもの頃の話題に盛り上がり・・・
小さい頃ああだった、こうだったと(笑)
写真も持ち寄って♪

で、久々に「クレーン」って言葉を聞きました。
あぁ、懐かしい。

私は当時クレーンなんて言葉もちろん知らずに

「あぁ、あれがほしいのね。教えてくれてえらいじゃん」などと
思っておりました。

もちろん心理の先生も
「お母さんにとってほしいのよね。ただ一人の頼れる人だもんね」
と肯定、肯定。

だから、全く何も私にかかわらないよりも
せめて欲しいものはこの人に頼もう!と
認識しているのだと嬉しく思っていたものでした。

「親を親と思わず、機械のごとく扱う」とか
「便利な道具にしか思ってない」とか

なるほど、そういう捉え方すると同じ行動も
ずいぶん気持ちが違うよね。

いいじゃん、クレーン。
けちけちせずに、どんどん応えてあげたいものです。
頼りになるものは、そのうち好きになるさっ^^
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-02-25 23:30 | 地域活動のこと

クルミパンの朝

我が家は毎日新聞
一面の小さな囲い「季節のたより」の俳句


『子離れの後は世離れクルミパン』 佐渡美佐子

いやぁ~
なんて、今日このタイミングでこの句だったかなぁと
思わず書きとめました。

More   今日は・・・・
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-02-22 23:48 | 日記

ボランティアさん

今日は月に一度のおもちゃ図書館開館日


かわいい女の子3人を連れたお母さんが訪ねてきてくださいました。
見たところお嬢さん3人とも障害はなさそう・・・

「ぜひ一緒に遊べたらいいなぁと思って」

「でも、私は資格も何もないし、障害のこともわからないので
来ていいのかどうか、ずいぶん迷って。
1年くらい、どうしようかなぁと思っていました(笑)」と。

すごーい♪
素直にものすごくこういうのって嬉しいです。
これだよなぁ、これ。っと。
しかも「1年くらい悩んで・・・」の末来てくださる方がいるということを
忘れてはならないよなぁと思いました。

続けることの大切さ。
いつもそこにある安心感。
いつか、いつか・・・と思ってる方が他にもきっといるはずです。



「大丈夫!!何も資格がない筆頭の私が担当者ですから!」と
ぜひ一緒にお手伝いしてくださいね。と
お話しました。


こういうかかわりが、子どもたちのこれからに
ちょっとでも何か繋がっていけばいいなぁと思います。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-02-20 17:32 | 仕事のこと

c0139884_16344732.jpg

今年はよく降ります〜

通勤の途中
紅梅に積もった雪♪
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-02-18 16:34

ロシアのおもちゃ

c0139884_20582662.jpg

今日はいつもの建築士さんと
おもちゃ美術館へ


ちょうど企画展はロシアのおもちゃ
(ちょうど・・っていうのは、私はロシアが少しばかり好きで)


民芸品や人形、おもちゃなど
もちろんいろいろなマトリョーシカも♪

個人的には^^;
なかなか見応えのある興味深い展示でした!
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-02-16 20:58

土日月

週末から今日まで
なかなか濃い3日間でした

土日はボランティア研修会
今日は就労に関する講演会
福祉ベンチャーパートナーズの大塚さんのお話


ボランティア研修では
障がい者の親以外の人と意見交換できるのが
楽しかったですね

やはりいろんな人や
いろいろな立場の人との付き合いが大事かな~
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-02-15 17:14 | 日記

2回目

c0139884_7293998.jpg

昨日は先月に続き2回目のポケモンセンター


思えば、今まで行かなかったことのほうが奇跡^^;


目的は買いものではなく
いろいろ配信されるデータのようです


電車の乗り継ぎや行き方
自分で「目印を探そう!」とキョロキョロしていました
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-02-12 07:29

受け入れている

6日(土)のパネラーの記事で


「本音」と受け止められたのはどこかなぁと
考えつつ

More    もともと「障害児」である子は
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-02-11 23:32 | 日記

親として地域でできること

地域のいろいろな活動を通じて


障がい関係以外の市民活動も知り

やはり「当事者」の想いとパワー
大事だなぁと思いました
そして学びました


以前は
福祉も教育も保育ももちろん医療も
何の資格もない私達に何ができるのだろう…
という気持ちもあったのですが

私達まぎれもなく親であり
問題の一番真ん中あたりにいる当事者なんですよね
要望だけとか、対立とかじゃなく

今、何事も連携が大切

連携の輪に親もきちんと入って
手を繋げられるようになれる土台作りをしたいものです!
[PR]
by kokoroyasashikune | 2010-02-11 17:32 | 地域活動のこと