<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

買いました

c0139884_719128.jpg

オリコンチャート2位だそうです
[PR]
by kokoroyasashikune | 2009-06-23 07:19

どうしてかというと

親にもっとしっかり考えようよとか
学校の先生もできないことはできないって言おうよ
(学校は教育の場であって、先生が全部抱えることないよって)
なんて言うのにはわけがあって

私はうちの担当ワーカーさんとまだ面談したことがない
手帳申請と居宅介護の申請で会ったのは
以前のワーカーさん
担当が変わって一度も会ったことない
もう3年にもなる

市の相談センターの担当者とも一度会ったきり
移動支援の申請で

市役所のワーカーさんも
相談センターの担当者も
とっても忙しい

でも、とある場所でしょっちゅうお会いする
困難を抱えてる方の「ケース会議」が
毎日のように目白押し
施設の職員も、困難ケース対応に忙しい


成人になっての困難なケースなんて
全部今始まったことじゃない
ある日突然問題行動を起こしたり
親の生活がある日突然乱れたりするわけじゃなく
そんなのずっとずっとあったことなんだ

重度=困難ケース ではないです
これは私などが、いまさら言うまでもなく明らかでしょうけれど

学校という期間
教育という場で先送りされてきた問題

とりあえず学校に行ってるから
とりあえず学童に行ってるから
とりあえずヘルパーさん利用してるから
とりあえず療育行ってるから

ぜんぶ「とりあえず」と先送りして
成人になる
先送りしても誰にも責任はないから

それとも
それぞれが忙しくなるようにしているのかな?
[PR]
by kokoroyasashikune | 2009-06-21 22:36 | 日記

引っ張る人ではなく

いろんな活動をしていて感じるのは

何か自分の想いを実現しようと「まずは動く人」がいて
その人が「引っ張って」そこについていくように
人や活動が進んでいる


私はどうも「引っ張る」んじゃなく
「押し上げる」って感じ?
「後押しする」ってところでしょうか

でも
それってどう?
なんかずるい気がするときもある
自分は何も決断しない
なんか「みんな自分で考えてね」って
感じで

でもそれにはそれなりの理由があって

みんなものすごく私より素晴らしい人が多い
そんなんでもそれぞれの役割ってものがあって

素晴らしい力があるけど
どうも自分から力出さない方なんかを
私のようなものが
後押しする
押し上げる
私自身の力がない分、ひと様の力を引き出して
一緒にいい思いをさせていただこうと^^;


それから「引っ張る人」は動きも速いが
その分周りも振り回す

私は振り回されるのがいやなんだなぁ
だからなるべく自分は人を振り回したくない
そんなわけで用意周到になったり
慎重になったりするのかも

そのかわり
言ったことは表裏なく 誰にでもわかるようにする

変なの・・・
夜中に書いていますので

それにちょっと疲れて書いていますので
[PR]
by kokoroyasashikune | 2009-06-21 00:05 | 日記

人がいっぱい

おもちゃ図書館に来館者がものすごかった・・・
(といっても10名くらいですが)

2年やっているけれど
誰も来ない日もまだまだ多いのに

なんだか今日は人がいっぱい
利用者もボラさんも

あ、そうか!
利用するお子さんが多いってことは
親も多い
さらにパパさんもいたからもっと多い^^;
そういうことですね^^;

でもね
嬉しいのは
「初めての場所はたいてい入れなくて」っていう子が
ここでは2時間楽しく遊んでいってくれること

なんだっていいんだよ
楽しい気持ちだけが残れば
「楽しい」を知ることが生きる力となるのだから
[PR]
by kokoroyasashikune | 2009-06-20 23:13 | 仕事のこと

向き合えない理由

土曜日の講演会は「支援者」向けだったのですが

その中で大変興味深い一節がありました。


彼らの気持ちに添ってとか
受け止めてとか
怒りや不安を感じてっていうけれど
どうしても向き合えない人もいる


人の怒りや不安、辛さを受け止めるっていうのは
大変しんどいこと

自分が充分に(いや、せいぜい多めに)
自分自身の辛さや怒り、不安を感じて表してない人は
自分自身がずっと隠しているその辛さを感じてしまうことになる
表にでてきてしまう可能性がある
だから向き合うのがつらいんだと

一見何事もなく
育ってきた人こそ、隠された辛さをもっているのかも


そう。
うん。そうです。

子どもの辛さや不安に向き合うってのは
ものすごく親にとっても
支援者にとってもつらくしんどいこと

支援する側にも
自分の辛さにふたをしたまま「形」で支援に入る人が結構います
自閉症とは、障害とは、支援者とは、と
ばっちり頭に入っているけれど
いざ「辛さを感じる」部分になると
背をむけてしまう

人と人が「一緒に生きていく」ってのは
結構大変なことなんですね
[PR]
by kokoroyasashikune | 2009-06-17 18:19 | 次男のこと

ダウンなんていいつつも・・・

そんなこと言いつつ土曜日には少し回復して
講演会にでかけました^^;

More
[PR]
by kokoroyasashikune | 2009-06-14 23:47 | 次男のこと

ダウン

疲れがたまったのか^^;

無理はきかない年齢を
ひしひしと実感~


気をつけます
[PR]
by kokoroyasashikune | 2009-06-12 20:59

今日はウォーキング

c0139884_15102559.jpg

この2週間
仕事~学校~学校~仕事…と
休みがなく^^;

今日ようやく何もない日がやってきました!


緑豊かな公園を
一時間歩きました

少しリフレッシュできたかな??
[PR]
by kokoroyasashikune | 2009-06-07 15:10

自分の性格から

40うん年生きてきて
どうやら「自閉」系の気持ちがよくわかる自分に気がつきました

それは
「裏と表」があることがよくわからない^^;


言われたことを言われた通りに受け取ることが多いです

そのかわり
自分も言ってることと思ってることは
あんまり違わないようにしてます

そうしないとよくわからなくなるから

でもそういうのは生き難い
人からみるときゅうくつで扱い難い

そんな感じですね

More
[PR]
by kokoroyasashikune | 2009-06-07 14:15 | 日記

今日の作品

c0139884_19433721.jpg

階段のある家


今日も糸のこ
[PR]
by kokoroyasashikune | 2009-06-06 19:43