<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

原点

次男を通じて誰かとかかわると
必ずどこかでこんなことを言われる

「おうちが好きなのはいいけど
このままでずっといられるわけでもないし・・・」

できれば自分のペースを守って
家ですごしたていたい次男。

そこだけ注目して「もっとこうしたら」と言ってくださる。

家で過ごすのはもちろん好きだけど
学校にも行く
買い物にも行く
旅行にも行く
手伝いもしてくれる
こちらの事情にも応じてくれる


どこまでいけば
これでよしとしてくれるのか。

今のままでもいいんです、これで。

原点は「誰も困らず生活できること」
家で過ごされて誰かが困ってるわけではないんです。
家で過ごすことさえも困難だったことを
私は忘れていないから。
本人もつらい、家族もつらい
そういう日々を忘れていないから。

なんて平和な日々だろうと思えてるので
これでいいです。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-08-29 10:52 | 次男のこと

自分で自分たちの生き方を決めるということ

障害があるっていうことはやっぱりどこかみじめだ

自分で自分の生き方を決められないことが多い


「支援」を仕事としているあなたたちのために
私の子どもは生きているんじゃない
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-08-26 18:11 | 仕事のこと

小学生とかき氷

夏休みの福祉教育第二弾!

小学生対象に「この街で暮らす人たち」というタイトルをつけましたが
低学年が中心になってしまったので
急きょ「お仕事体験&見学」がメインとなりました。

畑でブルーベリーを摘んだり
パンの焼きあがりを見学したり
休憩時間にはかき氷を食べたり

なんだか福祉のお話というより
小学生見学ツアーとういう感じでした(笑)

それでもそんな半日で
障害のある人のごく普通に働く姿を
見てもらえたと思います。
街にはいろんな人がいるんだよって
そのくらいのことであっても
誰かに伝えるには
何かのきっかけが必要なのかもしれません

障害があったって
なんだかごく普通に生きてるぞって
そういう姿が伝わるといいなぁ

そして
普通に生きていくには
誰かがちょっとだけ支えてあげればいいんだっていうこと
そういう話を超草の根で伝えていきたいなぁ

これからの仕事の中で
大事なパートとなりそうです。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-08-20 23:57 | 仕事のこと

中学生と大掃除

地元の中学校へ「大掃除ボランティアさん」をお願いしています。

今日はそれと合わせて
中学生向け「ミニ福祉教育」 
福祉教育というと言葉は堅いですが
ボランティアって何だろうとか
福祉って何だろうとか
私たちの施設にはどんな人がいるんだろうとか
そういうお話をしました。


そのあとは中学生10名に
施設内の掃除をしていただきました。
もちろん利用しているメンバーは
その横で作業をしていたりします。
自然に彼らの働く姿も見てもらえたことでしょう。


感想には
「障害があってもしっかり働いていて、びっくりしました」とか
「あいさつがしっかりできる人がいて私たちなんかより
すごいなぁと思いました」など
たった1日でも
中に入って見てもらうのはお互いにとって
貴重な時間だと思いました。

本当にいまどきの女子中学生でしたが
「暑っちぃ~」と言いながらも
一日がんばってくれました。


私たち親ができることの一つは
こうした「ちょっとした理解」をしてくれる人を
少しずつ増やしていくことかもしれません。
「あ~、そうか。そういう人もいるんだよなぁ」って
自然に彼らの存在を知っていてくれる人。

「障害のある人も、急におとなになったわけではなくて
(みなさんの学校にはありませんが)
障害のある生徒のクラスがある学校もあります。
みんなと同じ中学生にも障害のある人がいて
勉強したり、運動したり、いろいろがんばってます。
そんなことも覚えていてください」と
最後に伝えました。
そんな程度でもいいんだよ、とりあえず知っていてね、
という気持ちです。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-08-07 23:01 | 仕事のこと

危ないかなぁと思って

1日・2日と上高地へ行ってきたことが
もう遠い昔のようで(笑)

特急に乗る前に、埼京線に乗らなくてはならなかったのですが
滅多に都会に出ない私たち親子
混んだ電車にももちろん乗りなれず ^^;

ドア付近に立っていたのですが
途中大きく揺れることが何度かありました
私のほうが背が低いです、はい。
吊革にもつかまることができない場所でした。

電車が大きく揺れたとき
バランスを崩しそうになりました。
すると、
なんと!次男が私の体を支えてくれました。

えぇ、どしたの?
「お母さんが危ないかなーと思って」
だそうです。

こんな時もやってくるんです。
成長したいのは、誰より彼ら自身なんですね。


上高地の空気も景色も
ものすごくきれいでしたが
今回の旅の一番は「埼京線車内にて」でした(笑)


そんな旅行の余韻に浸る間もなく
ポケモン映画第2回目観賞があったり
私は職場でばたばたしていて
もう8月も一週間が過ぎてしまいます。

この勢いでは、きっとすぐ夏休も終ってしまうんだろうなぁ
年取るって恐ろしい~~
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-08-06 22:17 | 日記

8月スタート

夏休み
なんだかわけのわからないうちに7月が終わりました!

8月スタート

初日は次男と私+私の姉(今回は一人)の三人旅に出かけます!

たった、一泊でも
テレビの録画に忙しい次男です^^;
録画予定表にはきっちり予約がいっぱい入ってます~

そのかわりといってはですが
持っていく荷物(ゲーム、本)はだいぶだいぶ減り
普通のリュック1個で余裕となりました!
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-08-01 00:19 | 次男のこと