<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夢を見た・・・

今朝、なぜか5時前に目がさめ
30分ほどいろいろ動いて
それでも、なんだか空気が気持ちよく
暑すぎない朝で、気候も良いので
お布団に入ったら気持ちよくなって
2度寝してしまいました


教室に何組かの親子がいて
子育てについて勉強会を開くところでした


子どもたちは、まったくこちらの言うことを聞かず
親も子どもたちを叱ったり、放っておいたり
教室中がおちつかなくて困っていました

そんな中叫びだした一人の男の子
誰が何を言っても叫び声は止まりません

私は、彼の前に行き
ぎゅーっと抱きしめました

夢の中の出来事です


今、目の前でいろんな方を見ています

正直苦しいです

問題行動や、不適応が強くて
なかなかうまくいかない人がいっぱいいます

親の辛さもわかるけれど
彼らの日々に接するのが
切なくて辛くて苦しいです

抱き締めたかったのは
私が日々接する「成人」の彼らたちなのだと思いました


苦しい気持ちや不安な気持ちを
彼らは20何年もの間
どうやって片づけてきたのだろうか・・・

親以外の私たちに
今から、いったい何ができるのだろうか・・・


抱きしめられるときに抱きしめる
理屈なんてなくても
知識なんてなくても
そういう子育てでいいじゃない

そういう夢だったのだと思うのです
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-07-31 23:40 | 日記

夏休み

始まったと思ったら
もうあっという間に1週間がすぎました^^;

映画に、宿泊学習@2泊3日、プール登校
休むひまもない夏休みのスタート

7月いっぱいはプール登校が続くけれど
8月はカレンダーがほとんど真白です

それでも「毎日ゆっくり家にいられる」
そんな夏休みが大好きな次男なのです
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-07-26 06:15 | 次男のこと

やり直し

長男@高2、今日は部活がお休み

毎日
学校に部活にと精一杯考える間もなく
やることがあると
一方で「休み」となったとたん
なーんにもやることが思い浮かばずに
「ひま」で仕方がないらしい

ずっとそうやって走ってきた子だから
何もないところから
何かを考えだす力は
ちょっと弱いのかもしれない

「ひま」も悪くはないと思うのだけれど
そういう話が通じるにはまだちょっと若いのか・・^^;


「16:30には帰るよ」と言って仕事にでかけたけれど
私が帰ったのは18:30

どうやら気に入らないらしい

「どうして、自分で言った時間に帰らないの」と
おなかが空いて
いらついた顔で責めてくる

そういえば
小さいころそんな風に手を焼いたことは
あんまりなかったよね

小さいころ言わなかった分
やり直し

お母さんのばか!と言いたかった
いろんな場面を
ちょっとだけやり直し

やっぱりどちらも同じように
手がかかるんだなぁと思う


いらついたままの顔でテーブルについて
ご飯を食べて
サッカーを見ている間に
「なんかばつが悪い」って顔しながら
サッカーの話を普通にはじめました
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-07-24 23:10 | 長男のこと

反省だらけの7月^^;

ここ2週間くらい
ものすごく気が緩んでおりました

反省する間もないくらいだら~っとした気持ちで

気持ちを入れ替えて振り返ってみると
あ~ら、恐ろしいくらいに
何もできていなかった自分・・・

子育て講演会
地域福祉情報の子育てについて

一番やりたいと思ってることだったのに
何もできずに終わるとは

情けなさを通りこして
自分に腹立たしさも感じます^^;

子育て講演会なんて
素晴らしい内容だったのに
何できちんとアピールしなかったのか

時間がないからとか
忙しいからとか
そういうことではなくて
伝える力が弱いんだよね
ちゃんと自分のやってることに自信を
そして一緒にやってくれる人を信頼して

自分一人じゃないんだから
きちんとチームで動けるように

一番やりたいことはしっかり伝える!
しっかりしなさ~い
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-07-23 22:48 | 仕事のこと

時代が

ようやく追いついてきたかなぁと思う(笑)

「ただひたすらかわいがる」

「丸ごと受け入れる」

受け入れて認める
常にこちらの姿勢が問われます

成長しなくちゃいけないのはこちらであって
彼ら子どもたちは勝手にどんどん成長しています・・・
こちらが教えられることなんて
あってないようなものだったりします


頭の中いっぱいに仕入れた知識や
どうでもいい親のプライドや
大人の思惑なんて
ぽ~んと飛び越してしまいますね
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-07-11 22:25 | 日記

刺激への耐性

もともと持ってる弱さが
成長してなくなるわけではなくて

弱さを自分なりに肌で感じたり
なんか、自分は違うと感じて
自分なりに
刺激からの避け方や
自分の気持ちのおさめ方を身につけていく

たぶん
30何人もいる生徒の中での
身の落ち着け方が
なんだか不安定なんだろうと思う

私だってわけわかんないこと言う人の中で
安定して過ごせないだろうな~


一見、安定したように見えても
それは「成長」して不安が消えたわけではなく

いつも不安だったり
自分にとって不快な刺激だとしても
それから身を守ってるだけだったり
ほかのことで気をまぎらわしたり
または遮断してしまったり

決して不快さも不安もなくなるわけじゃなく
身を守っているだけなんだよなぁ~

そこを間違えると
ちょっとずれるんだろうなぁ・・・・
うん
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-07-11 22:07 | 次男のこと

目標達成

地域での活動・・・
小さいながらも、協力してくれるメンバーも増えてきました。

20年度前半の予定として
5月 就学  6月 発達障害の理解  7月 先生も交えての学習会
3つ計画しました。

ひと月1回
でも、集まってみんなで話し合うのもひと月1回。
この中でよく3か月連続が達成できたと思います。


今日は初の10名程度のミニ学習会。
顔をしっかり合わせて、違う立場の人が、ひとつのお話を聞く。
保護者、先生、同じ場で同じ話を聞く。

これまでこういう場が全くありませんでしたが
「特別支援教育」ってそもそも
学校、保護者、支援機関などなどが連携することが大事だって
言ってるんだから。
それなら、やっぱり学習会もたまには一緒にやりましょう!
と思いました。

小さな活動だけれど
今日参加してくれた人がそれぞれ何かを持ち帰って
次の一歩のきっかけになってくれたらいいなぁと。
いつもそう思っています。

反省や改善点もいっぱいありますが
とりあえずは3つ終了!!! 
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-07-05 21:40 | 地域活動のこと

やっぱりこれで

「今の彼が100点満点」


「ここがこうなおったら、認めてあげる」という条件付きじゃなくて
どんなんだって、今のままで100点。
ずっとそれできました。

だから、やっぱりこれからもこれでいきます。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-07-04 21:39 | 日記

次は・・・

最近、どうやっても苦しくてやりきれない気持ちになったので
あちらこちらで
話をちょっとずつ聞いてもらって
持ちこたえてきました。



ずっとひっかかってるのは
地域のとある支援者から言われた

「もっと大変な思いをしている人がいる」

この言葉が呪縛のように
何かあると
もやぁ~~と覆いかぶさってきて
どうしようもなくつらくなってました。



私だって辛かったじゃないか。
私だって大変だったじゃないか。
あれだけ苦しかったことが
なかったことになってしまうのか。


次に同じこと言われたら
きちんと伝えよう。
呑み込んで辛い思いするくらいなら
きちんと伝えようっと。

よく思われなくてもいいや。

10何年ため込んで
ここまで苦しくなったのだから
もうやめよう。



その人がどうして今大変な思いしてるのか
その原因をきちんと考えてあげてほしい。
単純に「大変だから」で片づけないでほしいな。
そうしないといつまでたっても
「もっと大変な人」であふれてしまうよ。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-07-01 20:59 | 日記