<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

バス

通学に路線バスを利用しています。
定期での通学はもうすっかり慣れてます。

たまに二人で乗った時は
まずは「手帳」を見せて降りることと
お金を払うことをしてきました。
でも、お金を払うってのは
やっぱり一人じゃ難しそう。
あらかじめわかってる額なら
ぴったり持たせられますが・・・

でも、今の世の中
便利なものもあるわけで。

練習しようと思いつつ、
バスカードを利用しての乗り降りを
ついつい先延ばししていましたが・・・
ヘルパーさんと2回ほど
バスカードを使ってお出かけしてもらったところ・・・

先週土曜日
な~んと
「一人でバスカードを使ってバスに乗る」ということが
できました!

深い話も、こぼれ話も
何もありませんが^^;
とにかく「一人でできた!」がまたひとつ増えて
嬉しいだろうなぁ。

電車などは
PASMOがあれば、運賃表を見なくてもいいんだもの。
世の中、ハード面は着実にバリアフリーが進んでいるのかな。


今日のひとつひとつが
明日へつながるってことで
日々の成長にものすごく劇的な変化はなくても
彼らの一歩は貴重な一歩なんだよなぁ~
と改めて思うのでした。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-06-27 00:33 | 次男のこと

前半戦

今年度の前半戦の山場(?)の一週間が終わりました!!

高校の広報部での「入稿」
地域活動での「学習会」
仕事では「NPO総会」

一週間に全部詰まってしまいましたが
なんとか終わりました。


良かったなぁ~と終われたもの
まぁ、やることはとりあえずやったってもの
いろいろですが
とりあえず乗り切りました~

だからといって
やることがなくなるわけじゃなくて
物事が押し迫ってない時のほうが
かえって先の見通したてないと
いけないんだよなぁ

明日からまたがんばります~
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-06-22 11:32 | 日記

崩すのは簡単・・・なんだなぁ

2日前、首にちょっとした傷があった。

翌日担任から電話。

どうやら2年生の先生と生徒との間で
なにやらあったらしく
3年の担任が気がついたときには
大暴れしてて、先生が力ずくで抑えないとならないような状況だったらしい。

事情を聴くと
先生の声がけを受け止めきれなかったことへの指摘や
それに対する周りの子の暴力的な言葉や態度
手がでたり、ひどく責められたり。

もちろん、先生の声掛けに応えられなかった
彼自身のキャパの狭さは否めませんが・・・


話を聞けば聞くほど
「それって、障害なくても大暴れしたいんじゃないの?」
という状況。

普通なら「うるせー!」の一言もあっていい場面。

それを「障害のある子は」暴れずおとなしく飲み込めというのかな?



わかったことは
大暴れさせてしまうなんて簡単なことだということ。
穏やかさを崩すのも簡単。


そうか、そうなんだ。
崩すなんて簡単なんだなぁ。

いや、もちろんたまには爆発したっていいけど。
それを何でもかんでも「障害」に結びつけないでほしいなぁ。
自分たちの声掛けはどうだった?
悪いのは受け入れられない本人だけ?


守りに守って、甘いといわれても
何を言われても
やっぱり穏やかな気持ちと環境は守ってあげたい。
そのために自分にできることは
伝えることなのかなぁ。 
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-06-18 23:52 | 次男のこと

サッカー

長男が急に「ユーロユーロ」とうるさかった^^;

小学生のころから
全くといっていいほどプロの試合中継見なかった子で

周りのサッカー小僧くんたちが
サッカーの専門ショップで仕入れてきた
海外のサッカーDVDなどにも
全く興味を示さず
困ったもんだ・・・とあきらめていたのに。


「お母さんも、一度見たほうがいいよ。
日本代表とか言ってる場合じゃないから」
なんて
要するにWOWOWに加入しろってことですね。

本当にあっという間に、
10分ほどでスクランブルが解除され
無事加入の運びとなりました。
はぁ~~
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-06-15 23:17 | 日記

お面作り

c0139884_2014254.jpg


「造形教室」でお面を作りました。
2回にわけて 新聞紙を塗り重ね、乾かして絵の具で塗る。

これも楽しいのか楽しくないのか
よくわかりませんでしたが
自信があって、しかも早く仕上がる「カービィ」で無事仕上がりました。

一級建築士の先生が「指導」というよりも
「自分も楽しみたい」という気持ちで始めたこの教室。

うちはとにかく「2時間やったら、すぐ家に帰りたい!」が
活動のエネルギーの源。
そういう姿をみて
「いいよねぇ、家が一番好きだなんて。
自分の世界をちゃんと持ってるってのは
僕なんかにはある意味憧れの生き方だなぁ」と
言ってくれました。
「自分だけの小さないえ(世界)があるから
こっちの世界でもがんばれるんだろうねぇ」と。


すご~~い、ってのが正直な感想でした。
障害とか福祉とかの話をしてるんじゃなくて
彼らの生き方そのものの話をしてくれている。
こんな場面や人との会話ってこれまでなかったかもしれない。

「うちの子、家が一番好きなんです」といって
たいていいい反応はしてくれない。
家が好き=人、外が嫌い=こだわり=自閉
そんな雰囲気がいつも漂う・・・・


彼らと接する時、
彼らを彼らのまま見るのに
専門的な知識なんて必要ないんだなぁって
本当に嬉しい言葉とまなざしでした。
(2日前のどうでもいい話とは大違い)


そう、彼らの頑張れる力のみなもとは大事にしてあげたいな。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-06-14 20:14 | 日記

見学会

高等部の見学、第一弾。

今回は親だけ参加にしておきました。

まず、選択肢である3校、私だけが先発隊で見てきます。
様子を確認してから、2回目は二人で。


本人は「給食があるところと、お弁当のところ」という分け方とか
「みんなが行く学校と、一人だけで行く学校」とか
「歩いて行く学校と、電車に乗っていく学校」とそれぞれ
話を聞いて「いくつか学校があるんだ」とイメージしているみたいです。

さて、どんな半年になることやら。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-06-13 23:50 | 日記

前々から
しっくりきませんでしたが

決めました!

もういいや、というか
どうだっていい。



どう育てばOKなんですか。

穏やかに暮らしててもだめですか。
崩れていないとだめですか。

結局どこまでいっても「いいよね、これで」はなくって
自分たちの知識外の育ちをしている子が
現れるのは困るみたい。
どうしても理屈で何かしたいみたい。


じゃぁ、自閉症じゃなければ
いいのかな、と思いました。

「自閉症」なばっかりに
あれこれ言うんだろうなぁ。

もういらないかも、それ。

More
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-06-12 22:46 | 日記

お土産

c0139884_21585362.jpg

お土産の袋片手に帰ってきました!

気になって仕方がない『ビデオ録画』
今回はばっちり指定された通りこなしましたよ~!

「ちゃんと録画したよ」と教えてあげると
『ご褒美にこれをあげよう~』と
定番の八橋とかわいいハンカチをもらいました。


先生のメモを見たら『お土産も自分で工夫して買っていました』とあり
自分のキーホルダーもひとつありました。

7000円持たせたお小遣い、3000円残っていました。
小学生の時は事前に「お土産リスト」から
買ってくるものを選んでおいたのですが
今回は行った先で
自分で選んで自分で買いました。

3000円も残すところが
彼らしいよなぁ・・・^^;

まぁ、楽しかったなら、なんだっていいや~
お疲れ様!!!
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-06-10 21:58

再会

小学校1年から始まった宿泊教室に
小学6年の修学旅行
中学の夏季宿泊・・・


小学校からもう何度も宿泊で留守なことはあったけれど
いつもいつも電話の前で「大丈夫かな~」と
どこに出かけることもできずに(笑)
心配しすぎて待っているだけでした




今年、ついに9年目
修学旅行の一日「日帰りミニ旅行」を決行しました!

久々の仙台。
5年ぶりに会う友人二人と
まるで「で、この間の続きなんだけどさ・・・」と
5年じゃなくて 「5日ぶり」みたいな妙な雰囲気で
しゃべり続けてきました。
本当に不思議
「じゃあまたね~」と別れる時も
あっさりまた来週にでも、って感じで。


3人で話して・・
いろんな人が周りにいるけどさ
やっぱり「楽しそう」にしてないとね、と。
落ち込んだり悲しい時もあるけどさ
他人から見たら「楽しそう」な顔をしていたいものよねと
そんな話になりました。
うん、そうそう。
何かに一生懸命になってても
そこに「楽しさ」を忘れずにね。

話すと元気になれる二人なのです。
ありがとう!





おまけで・・・・
「スタッフぅ~」のイケメンが
故郷にてロケしているのに遭遇できました^^
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-06-09 23:43 | 日記

準備!

8日日曜日から2泊3日の修学旅行!
行先は定番の「京都・奈良」

「旅行のしおり」片手に

「お母さん、旅行の準備しょう!」と
何日も前から言われていたのですが

私は前日になってようやく重~~い腰をあげる人
今は旅行2日前に「大きな荷物は宅急便で」の時代
旅行の1週間も前から「お母さん、準備」なんて言われて
手をつけるわけがないのです^^;

しびれを切らしたのか
火曜日に「かばん出して~」と言われ
ついに自分で準備を始めました・・・
「この親はあてにならないからなぁ」ってところかな


毎日着ている体操着やYシャツ
1枚しかないジャージ上下を
持っていくので
洗濯のタイミングとか結構微妙な荷造り

白ソックスが一足たりず
「お母さん、靴下買ってきて!!」と
朝に晩に念を押され
「はい、買ってきます。必ず」と
返事させられました。

明日の朝全部揃うかな~~
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-06-05 23:10 | 次男のこと