<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

体育祭

日曜日が雨で、平日の水曜日に延期となってました。

その体育祭も無事終了!
小・中9年、いわゆる「特学」としての運動会は
これで最後です。
普通学級の生徒たちと同じ場所での体育祭。
ブラスバンドの演奏があったり
部活動の紹介があったり
ちょっとかっこいい子がいたり
そしてもちろん「体育祭なんてだるぃよなぁ」と
だらけてる子もいたり

こういうごく普通で当たり前の場所に
きちんと居場所があったんだなぁと

本当にいい感じで9年過ごしちゃったんだなぁと
嬉しいような
もう最後かと思うとちょっとさびしいような・・・

それでも
今年一番良かったのは
本人の「気持ち」が見れたこと。
がんばろう!って思っていたんだなぁっていうのが
競技を見ていてもわかりました。

初めて綱引きで力を入れているのも見れたし
リレーもしっかり走っていたし
クラス対抗大縄とびでは、跳ぶたびに
みんな笑顔で嬉しそうでした。
「できてる!跳べてる!もっと跳びたい!」
っていう気持ちでいっぱいで
最後にすごいもの見せていただきました。


「がんばりたい」って気持ちは
やっぱり自然に内側からでてくるものなんだなぁ。
うん。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-05-29 23:36 | 次男のこと

就学の勉強会

地域の活動のひとつに
「就学に関する懇談会」の開催があります。

今年で4回目。
毎回20名ほど集まっていたのですが
今回申し込み者が10名でした。

???
はて・・・みんなもう就学の話題は情報が足りてるのかな?

どうやら違う理由がありました。

これまでは「未就学児」の方半分
「小学生の普通学級」の方半分で
20名を超えていたのです。

この会を始めたちょうど4年前
情緒障害児の「通級指導教室」が市内にもできました。
今年の申込者に
「普通学級」に通ってる小学生の保護者は 
いませんでした。

4年前には「普通学級へ通ってるけど、これからどうしよう」と
いう人がいっぱいいたのですが
今年、必要としている人がきちんと
「通級指導教室」の存在を知り
そこへ通っているということなのでしょうか・・
そうだといいな~~

決して体制が万全に整っているわけではないけれど
それでも全く行く先が見えずに困っている人が
減ってきたということ。
特別支援教育なんて言っても
「何も変わらないよ~」なんて言う声も聞きますが
いや、やっぱり少しずつだけど変わってるんだと
確認できた一日でした。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-05-23 20:22 | 地域活動のこと

意味

地域の情報発信をしたい・・・

こんな気持ちで5年ほど小さな活動を続けてきたのが
違う場面で形になりそうです

地域の福祉関係者のある会合に
参加させていただけるようになりました。
地域連携の為の会議。


福祉施設の職員としてだけではなく
親としての立場や
乳幼児期の親の立場も忘れずに
意見や気持ちを伝えていくことが
ここに私が参加することの
意味があるわけで・・・

みんなの気持ちが形になるためにも
そしてこの場に私を推し出してくれた人の想いも無駄にしないよう
踏ん張らなくてはならない部分は
きちんと伝えられるよう
準備しないと。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-05-20 23:10 | 仕事のこと

心配してもらった・・・

月に一度のおもちゃ図書館。

先月は参加者が少なく、子ども3人+ボランティアさん2人と私。
じっくり貼り絵遊びをしました。

今月は自由遊びと「のこぎりコンサート」
朝から「今日はおもちゃ図書館、誰か来るかなーー」と
な~んと次男に心配してもらっちゃいました。

「どうかな~、来るかな~、どうだろうねぇ」

実際、わかりません、来るのか来ないのか。
まだまだよちよち歩きの始まったばかりの活動で
中身も模索中・・・・

それでも今日は4組の親子、兄弟が参加してくれて
ボランティアさんも3人とやけに賑やかになりました。

子どもに心配かけてる私の仕事^^;
がんばりま~す。

More
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-05-17 23:05 | 日記

母の日

c0139884_1923160.jpg

母の日のプレゼント

学校の『切り絵』の時間に作成して

金曜日に持ち帰ってましたが

『まだ内緒なんだから』と本人なりにこっそり?
しまってました


朝一番で
『今日は母の日でしょう!』とようやく渡せて一安心の様子でした^_^;
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-05-12 19:02

書道教室

c0139884_22182974.jpg

月に一回の書道教室

やる気なさそう~にやってますが
仕上がった作品をみたら
ちょっと嬉しそう…でした
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-05-08 22:18

校長先生♪

昨年度、地域活動の中で
特別支援教育の学習会(「日本一やさしい学校」あきる野養護学校長のお話)を
主催したとき
次男の学校長が市内でただひとり「校長」のお立場で
参加してくださいました

自閉の子にわかりやすい学校は
誰にとってもわかりやすい

掲示物をきれいに
わかりやすい指示
きれいな校内
大きすぎない声
どなり声はしない
うるさくない
ざわつかない学校

どれもこれも
通常の学校運営にとっても役立つお話だったと
感想をお話してくれました

大事なのは
こうした他校の実践を聞いて帰ってから

「自分たちにもまずできることをする」

お金がかからなくても
変えられること
ほんのちょっとした工夫で変えられること

さっそく4月になって
校内の掲示物がところどころ
きれいになっていました

カラーで印刷されて
きれいにラミネートされた「学校目標」

そしてそして
これまでは職員室前にしかなかった
「一日の予定」が
生徒の下駄箱の正面にもとりつけられました!!

下駄箱にあれば
誰もが必ず「朝一番に」目にすることができます
これには思わず「校長先生、やったぁ!!」と
拍手~~でした


こういうちょっとしたことさえも
「学校」ってところは
校長の思うようにはならなかったようで
4月になって
ようやく
形に少しずつなってきました

ほんの少しのことでも
やらないよりやったほうがいい
校長先生を応援します♪
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-05-01 01:15 | 地域活動のこと