<   2008年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

好き嫌い

偏食大王・・・・

確かにね、はっきりしてます。好き嫌い。
給食は大変だと思う。

でも、これまで担任した中で
一番きつい偏食大王様だったとは・・・
知りませんでした。

どこがきついかとういうと
「一口食べてみようか?」という
お誘いにぜーーーったいに乗らないってところ。

うん。
でも、人の誘いになんか簡単に乗らないってのが
彼だもの。
特に
食べ物はうっかりひとを信じて
いやな思いしなくてもいいさ。

どうしたって「食べたくない」自分を知る。
食べられない自分を知る。
食べなくて不自由な自分を知る。
(給食たべなければおなかがすく)
不自由ならどうすればいいのかを知る。
自分は不自由だけれど
不自由な中でどうすれば
自分はいいのかを知る。

食べられなくても
自分はこうすればいいんだと知る。

もう
不自由なことは自分でわかってるはず。
食べない自分と
食べられない自分と
そういう自分を受け入れて
つきあっていくしかないんだから。

食べるものが増えれば
嬉しいことだって
便利なことだって
もうわかってるはず。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-03-30 23:16 | 次男のこと

春休み

長男は昨日から
次男は明日から春休み!

無事1年終って、4月からそれぞれ進級。
今年はちょっとのんびりです。

長男@高1はまだ成績表見せていません。
どうでもいいですが・・・^^;


来年度、ついに次男も
義務教育最後の年。
小学校1年入学時には
「学校行かないかも」と思っていたことを思うと
よくもまぁ、これほど何もなく8年
過ごしてしまったという感じ・・・


とりあえず
二人ともお疲れ様~
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-03-26 23:15 | 日記

迷う

昨日、ヘルパーさんとの外出の日だった。

お昼を食べてからジャス○のゲームコーナーへという流れ・・

お昼は何食べるの?と朝あらかじめ質問しておいたら
「マックにしようかなーー。えーと、それとも・・」と
保留の様子。

私と出掛ける時は
ラーメンかうどんを食べる。
マックは最近、めったに食べない。

イトーヨー○堂のフードコートでは
ヘルパーさんともラーメンを食べた。

でも、ジャス○では
どうだろう?
うどんを自分で注文したことはなくて、
ラーメンもねぎ抜きにしなくちゃならないが
これもいつもお母さんがやってくれちゃってる。

うん。
自信を持って自分で注文できるのはマックだけ。

ラーメンも、うどんも候補に挙がったのかなぁ。
でもね、自信がなかったかなぁ。
ヘルパーさんがちゃんとうどん注文してくれるのか
ラーメンねぎ抜きと言ってくれるのか
心配だったよね。

ヘルパーさんは
うどんでもラーメンでも
あらかじめ情報として
彼のオーダー対策は知ってるんだけれど
それは内緒にしておいた。

「少し、何にするか迷ったようです」
ヘルパーさんが教えてくれた。
そっかぁ、そうだよね。
うん。迷うよね。
いろいろ考えて悩んだろうね。

大丈夫だろうか?
どうしようか?と。

それでいいと思う。

この人はどうなんだろう?って
誰でも同じじゃないってのをわかってるよね。

この先
うどんとラーメンを
自分でも注文できるようになろうと思うだろうか。

それとも、ヘルパーさんに
自分のことを伝えられるようになるだろうか。

どちらもできないかもしれない。
その時はこちらが手伝ってあげればいいんだもんね。

「迷ったようです」
見守ってくれてありがとう!
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-03-25 22:13 | 次男のこと

こんなことしたって

「こんなことやったって、誰も喜ばないよね」
これが一番の私の根っこにあるから
どうも自分のやりたいことに
自信が持てないのかな。

みんなが求めてるものと違ってるのはわかってる。

ほしいのは「具体的」なもの。

私は「そこを自分で考えられるようになろうよ」と思う。
そのかわり
考えるためのきっかけはつくるよ、手伝うよ、って思う。
ここで一度とことん考えたら、
あとは自然と何でもわかるよ、きっと。とも思う。



全然かけ離れてる。
わかってる。

「具体的」なこと教えてくれる。
何かすぐ形になる。
人もそれを求めている。
すぐ結果らしきものがでる。


手間暇かかるけど
おいしいのかおいしくないのかわかんないような
「無農薬野菜」でも売ってそうなのがこっちかな。
「よさそうだけど、なんかね・・・」
そんな感じ。

便利で目新しい、そちらはコンビニってところ。

とことん「自給自足」のこだわり野菜
売ってやろうじゃないの、と思う。
いや、本当に思う?
便利なほうがいいに決まってるよねぇとも思う。

だからすぐ凹む。
こんなことしててもなぁと。

でも、やっぱり何か違う気がするから
むこうには行けないかな。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-03-24 00:12 | 地域活動のこと

メッセージ

『生命のメッセージ展』に行きましたが
入口付近の数人の靴を見ただけで
それ以上、まっすぐみなさんのメッセージに
向き合えませんでした。

何か皆さんの「気持ち」が会場いっぱいに
あふれていて
「ごめんね、今の私には見てあげられない・・・」と
その場を後にしました。

これを毎日履いていたのかな・・という
学生の革靴、スニーカー
子どもの小さな靴

みんな同じ
一人ひとりの生活と人生があるんだよね。



公式HPはこちら
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-03-23 13:04 | 日記

心をそだてる

「こころをそだてる」
一応HPのタイトルなのですが
もともと大好きな先生方の本のタイトルでもあります。

先生の本は「心を育てる」

障害かもしれない・・・
言葉が遅い・・・なんて思い始めていたころは
「そういうことを知りたいんじゃなくて!」なんて
思ったりしましたが
実際に言われたとおりにやってみて
子どもが成長すればするほど

なるほど
「言葉」は「心」なんだと実感するわけです。


障害児教育や発達の指導に関して
好きな先生方は比較的「年配」の方が多いです。
ある先生は
「若い時に、子どもたちを成長させようと思って
自分が頑張ってたと思ってたことは
今になってみれば
どうでもいいようなことに思える」と
おっしゃいました。

子どもたちはやっぱり自ら「育つ」のです。
自分たちで一生懸命
いろんなことを乗り越えようと
がんばってるわけで・・・
そこをそっと寄り添って手助けする
大人がいるのかどうか・・・


そういう素敵なことを
教えてくれる先生方に出会えて
本当によかったな。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-03-18 23:16 | 日記

文集

学年末に文集が作成されます。

今年も本日いただいてきました。
市内全体の中学校特別支援学級全員分。

学校行事の作文が多い中
「冬休み」を書いていました。
12月29日一日目から 
1月2日五日目までの高知帰省を
ブックオ○に2回も行ってしまったことまでも^^;含め
ご報告。

でも、すごく嬉しいなぁ。
一度書いた体育祭の作文から
こちらにと、本人が選びなおしたそうです。

おかあさんとこうくんが今年も登場したのも
すごく嬉しかったかな。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-03-13 23:32 | 次男のこと

「仕方がないよ」

夕方遅くまでかかってしまった保護者会。

帰りの車の中でさすがに疲れて愚痴もでた。
「疲れたぁ~。もういやだっ!!」

「仕方がないよ」

そっか
仕方がないのか^^;

生きていれば「仕方がない」こともあるんだよね。
うん。


いつの間にか
私のつまらない愚痴を聞いてくれる相手になってくれてました。
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-03-12 08:23 | 次男のこと

ようちゃん

母子通園の先生は
「ようちゃん」と呼んでいた。

ここの先生方だけ
「ようちゃん」

本人は先生の写真を見ると「ようちゃんって言ってた」と
私に教えてくれる。


そう。
みんなが同じ呼び方じゃない。
でも優しい気持ちはみんな同じ。
自分を見て優しく呼びかけてくれている、
うん、まぎれもなく
自分を見てくれている。

そういうのがとても大事なのかなぁと・・・
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-03-09 20:54 | 次男のこと

来年度

3月、年度末。

仕事を始めて丸1年。
職場の様子を見ながら
自分なりにがんばってきました。

来年度の計画をたてる理事会を前に
私のやってみたいこと
こうしてみたいこと
みなさんがそれぞれ持ってる
やってみたいことを
とりまとめ。


仕事以外にも
自分の子どものためにやってみたいこと
などなど・・

いろいろ新しい計画も立てて
ちょっと楽し気分になりました。

前日は
地域のとある支援者の態度に
布団の中で
悔し泣きしたばかりですが・・・(悔しいとすぐ泣く私)

泣いたり笑ったり
めまぐるしいものです(笑)
[PR]
by kokoroyasashikune | 2008-03-06 22:08 | 仕事のこと