2007年 11月 03日 ( 1 )

自分の立場

40歳を過ぎて初めて施設で働く・・・

たとえパートとはいえ
ひとつの部門の責任を持っているわけで
他の部門の若い職員さん(正職員)から見たら
私は新人パートでもあると同時に
仕事を一緒にやるとなったら
ある意味「先輩」な一面もあるわけです

ついついそちらの「先輩」である部分から
逃げようとしてしまう自分に気がつきました

まだ社会にでて3年、4年くらいの
本当に若い職員さんの立場から見た私
しっかり「大人」として振舞わないと
いけないんだなぁと感じました

大人っていうのは
責任もとらなくちゃいけないし
自分の非も
足りない部分も認めなくちゃいけない
そしてその若い人を守ったり
見守ったりもしてあげたい
育ってもらえるよう支えなくてもならない
そしていろいろ教えてもらうこともたくさんあったりして

若い20代の職員さんから
ちゃんと「大人」として映っているのかは
わかりませんが
人から見てどうこうというよりも
自分自身ここは頑張りどころなのかもと
若い方と仕事をする中で感じる日々です


仕事そのものよりも
人生の鍛錬って感じ・・・
修行のようです^^
[PR]
by KOKOROYASASHIKUNE | 2007-11-03 23:11 | 仕事のこと