卒業

15日 無事に次男も高等部を卒業しました。

3月に入って「いよいよ卒業・・・と」少しさびしい気持ちもしましたが
なんだか当日は本人達もすっかり「卒業」を理解してかどうか
これまでよりちょっぴり「大人」の雰囲気が感じられた気もします。

本人達のほうが「卒業」「社会人」ってことを受け入れているのかもしれないですね。

本当のところは4月になってみないとわからないのですが
次へとちゃんとすすむこと
なんとなく子ども達に教えられたような気がします。

彼らはちゃんと自分たちにおこっていることを受け止めているのです。
自分自身のこととして。


そして翌日。
クラスの仲間数人とディズニーランドへ行ってきました。
お互いの行動を理解しあっている仲間なので無理なく1日過ごせます。
ありがたいです。

学校生活はすべて終了しました。
(長男の大学がありますが、まぁ成人したことだし)

このブログを見に来てくださっているかたは、かなり少数かと思いますが
何かお伝えできるとするならば・・・

やっぱり「今が一番」ということでしょうか。
今日があって明日がある。今があって将来がある。
将来のために今日があるのではないってことかと。

日々、辛い苦しい思いのほうが多いとしたら
それを積み重ねた先、どんな「未来」が待っているのでしょうか。
能力とか障がいの重さではなく
本人がどれだけ生き生き暮らしているかが本当に大事だと感じます。


ここで永らく私たち親子の日々の生活を見守ってくださった皆様
本当に本当にありがとうございました。
本日をもってこのブログの更新は終了します。






息子の働きぶりや、社会人として生じる問題
そして私と仲間の地域での活動などは
何か別のブログで紹介できたらと思います。

HPとこれまでの記事、日記等
何かひとつにまとめて保存しておきたいのですが
何かよい方法ごぞんじの方いらしたら教えてくださいm(__)m
[PR]
by kokoroyasashikune | 2012-03-17 09:14 | 日記
給食 >>