こちらも「成長」

長男に言わせると(言われなくても)
私の考えること、感じること・・・どうやら「少数派」マイノリティらしいです。

いや、言われなくても充分自分でわかってます。
だからなのか、なかなか若いころは
居心地の悪さを感じていたのかもしれないし。

ただ、そういうことは当時はわかってなくて
自分としては「しんどいな~」と感じることも結構あったのかな。

今日も
センター試験の国語のある問題を
「これ読んでみて」と私に読ませて感想を聞いてきた。

読み終わって、私なりの意見を言うと
「あ~、いた。ここに少数派が」(笑)
「お母さんらしい答えだ」と。
(詳細は略^^;)


少し前までは
自分と違う感覚や意見の私をずいぶん責めて
「どうして、わかんないのかなー。お母さんは」と。
そこに自分のイライラもモヤモヤもプラスして
全部私にぶつけてはひっかかってきていたのに。


でも、今日は
私の変なところを笑ってくれた。
変でも、それがお母さんらしいよと
受け流して笑える余裕が生まれたのか・・・
私が可哀そうだと思えるくらいの「大人」になったのか?


そうだよね、もう4月から高校3年。
こちらも知らない間に「成長」していました。

「変」な母でずいぶん辛い思いもしただろうし苦労もしてきただろうね。
ごめんね~ そしてありがとね、といつも思ってます。
(もちろんまだまだぶつかってきますが)

 
[PR]
by kokoroyasashikune | 2009-01-20 23:21 | 長男のこと
<< 春休みは・・・ 緊張 >>